テレビショッピングも4Kフォーマット

Bロール、インサート映像制作

ココロのテレビ通販番組・インフォマーシャル映像制作における「インサート映像」「Bロール」に関するブログ。テレビショッピングも4Kフォーマットの時代に。ファイル納品時のフォーマットや制作時のポイントを整理してみました。

インサート映像・Bロール映像制作

こんにちは。

時の流れは早いモノでして、つい昨日、miniDVテープをせっせとマシンに取り込んでいた記憶があるのですが、テレビショッピングのインサート用持ち込み素材も、4Kフォーマットでの納品が義務付けられる時代に。

極私的メモ:
インサート素材は、UHDサイズ(3840×2160pixel)以上の解像度で撮影、制作。

  • ファイル形式:MXF/MOV
  • 推奨コーデック:XAVC/AVCintra/ProRes/DNxHR
  • ビットレート:200Mbps 以上
  • フレームレート:59.94p
  • 色域と輝度レンジ:BT.709/SDR またはBT.2020/HDR(BT.2100,HLG)

愛用者インタビューや工場などでの撮影の際、空いた時間に様々なカットを撮影したり、或いはもう最初からインサート用として、タレントやモデルを入れて撮影したりと、ボクらでもたくさんのテレビ通販、インフォマーシャルの放映時に必要となる、Bロール、インサート映像の制作をお手伝いをしております。

テレビ通販番組・インフォマーシャル映像制作「Joseph Joseph 株式会社」

あ!

ショップチャンネルでは、インサート映像素材のコトをB-roll(ビーロール)と呼んでますね。なかなかお客さまにとっては聞きなれないコトバですが、要はスタジオでわいわいと話している時に差し込む、メインのスタジオの画面に被せてインサートする映像です。Wikipediaの英語版では、下記のように定義しているので、ご参考までに。

Films and videos may cut away from the main story to show related scenery or action. Establishing shots may be used to show the audience the context of the story. These secondary images are often presented without sound, as the sound from the primary footage is expected to continue while the other images are shown. The various shots presented without sound are called B-roll.

Wikipedia “B-roll”

英検三級のワタクシが訳すと。

映画やドキュメンタリーでメインとなる本編のシーンとは別に、本編と関連する風景やアクションなどを、別撮りするケースが多々あります。

別撮りしたカット群は、視聴者に物語の背景や情景を想起させるために、本編にインサートして使用します。

これら別撮りした映像は、多くの場合、音声を必要としません。それはメインとなる本編の映像に被せて使用するケースが大部分を占めるが故です。このように別撮りした、音声のない様々なカット群を「Bロール」と呼んでいます。

ふむふむ。

でも、このBロールやインサート映像、調子に乗って撮影時にたくさん収録すると、編集時に色々とやっかいなコトに。

それは容量です。

昨年末、4Kフォーマットの編集にも耐えうるマシンにチェンジ。編集的には何の問題もなくサクサクと行えるのですが、頭が痛いのはその容量。4Kカメラで撮影した素材が重いコト、重いコト。SSD、HDDの容量が大問題なのです。ですので、収録時には、キチンと要件を定義して、別撮りするカットやシーンは予めみんなで精査しておくのがマスト。

これから4K、8Kへと業界も動いていくコトを鑑みると、ボクら制作チームも、時代の流れに合わせて制作環境を整え、設備投資していかないと。

テレビ通販番組・インフォマーシャル映像制作

かく言うワタクシは根っからのアナログ人間。今でも、ツメを折ったVHSのビデオテープ、超大切にとってます。

ではでは。

きたむら拝

映像制作×Web制作ならココロへ

映像制作や動画制作、動画マーケティング。
お困りごとや相談ごとは、ココロ株式会社へ。
お気軽にお問い合わせください。

新宿御苑の風景
ココロ株式会社

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-8-10 高岡ビル4F
TEL:03-6380-6574
受付:10:00-18:00(土日祝日はお休み)

この記事を書いた人

ひろ

ひろ

北村 智宏 Hiro Kitamura
川崎生まれ 川崎育ち。
ココロ株式会社の何でも屋です。企画構成、撮影、編集、デザイン、コーディング、ライティング、カレー作り、少年サッカーコーチ、掃除、ゲーム。器用貧乏。ジム通い始めました。